よくある質問

TOP > よくある質問

太陽光発電システムの設置可能な土地とはどんなところなのでしょうか?
基本的には、太陽光発電は様々な土地に設置できます。
ただし、農地に設置する場合は農地転用の申請手続きが必要となります。
農地転用に必要なものは何ですか?
各種資料に加え、転用の具体的な目的が必要です。
転用の目的と理由、転用の時期、事業計画、資金調達計画などを準備する必要があります。
当社では農地転用の申請手続きを専任行政書士がお客様に代わり行っておりますので、お任せください。
農業をやりながらでも太陽光発電はできるのですか?
はい、大丈夫です。
当社では、農作物を第一に考え、今まで通り農業を行いながら副収入を得ることができる「営農型太陽光発電」のご提案をさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。
点検やメンテナンスは必要なのでしょうか?
太陽光パネルの出力低下を防ぐためにも絶対に必要です。
太陽光パネルは外に設置されているため、砂や埃が付着します。雨によってある程度は洗い流されますが、花粉・黄砂といった大気中に含
まれる汚染物質、鳥の糞などの汚れはなかなか落とすことができません。
汚れによっては年間5%~10%の発電効率の低下を招いてしまう恐れがあるため、定期的な点検やメンテナンスは必要です。
太陽光発電システムの保証期間を教えてください。
10年の製品保証と、25年の長期出力保証がございます。
太陽光発電システムの耐久年数は?
25年以上です。
太陽光発電に使われる機器は、太陽光パネル以外の機器もございますので、機器によって寿命が異なってはきますが、太陽光発電システム
は故障が少ないシステムです。
政府は17年を法廷耐用年数としています。
太陽光発電システムについて何もわからないのですが大丈夫でしょうか?
はい、大丈夫です。
当社では設計・提案・施工はもちろん、農業委員会への申請お手伝いからメンテナンス、アフターフォローまで、全て自社一貫で行っており、
お客様をしっかりとサポート致します。安心して私たちにお任せください。
農地が静岡ではないのですが見積りに来ていただけるのですか?
北は北海道、南は九州までお伺い致します。
出張見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
太陽光パネルが影になって農作物に影響があるのでは?
当社では、農作物を第一に考え、遮光率に関しては地域、日照時間、日射量など、しっかりとした根拠をもとに算出を行った上で、お客様
へのご提案をしております。
また、お客様へは極力分かりやすいようご説明し、安心していただいた上での施工を心掛けております。
太陽光パネルの下は大型の機械が通ることはできるのですか?
架台を設計する段階で、お客様が実際に使われる機械の寸法もしくは今後使われる予定の機械の寸法をお伺いし、設計を行いますのでご安
心ください。
農地は持っていないけど、営農型発電には興味があるのですか・・・
当社では、投資家の方に向けた営農型太陽光発電のご案内も行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。
Cookie ポリシー
Copyright © Future Agri Agent ltd. All Rights Reserved.